僕の宝物はパパと一緒

こんばんは。


アニマルコミュニケーター 斎藤詩乃歩です。



今日は、茨城県筑西市にある

bankfield.plus.dogで、7組のアニマルコミュニケーションを行いました。


ご利用ありがとうございました。







楽しいこと。

苦手なこと。

体調。

家族をどう思っているか。

同居ペットとの関係性。

生まれてきた目的などなど。

ペットたちは、たくさんお話ししてくれました。



その中の、一匹のわんちゃんのエピソードです。



ペットとの距離を縮めたいけど、なかなか上手くいかないと言っていた飼い主さん。


困っている行動の意味などを聞いていくうちに伝わってきたのは



  ・その子と同じ犬種

  ・同じ名前の子

  ・事故死

  ・再会

  ・飼い主さんとの心の距離感




セッションを進めていくうちに、飼い主さんとは、魂との繋がりがあり、今世で、再び飼い主さんの元にやってきた子でした。



飼い主さんにお伝えすると


「昔、同じ名前・犬種を飼っていて、あまり人に懐かず、とても厳しく育てましたが、自分にだけ心を開いてくれていて、相棒のような存在でした。

しかし、最期は車に轢かれて亡くなってしまったのです。


自分の責任だと後悔から抜け出せず20年。

もう犬を飼わないと決めていたのですが、家族の要望もあって、この子を家に迎えました。


以前飼っていた子と同じように、相棒のような存在として育てたいと思っていたのですが、旅立った時に、またあの悲しみを感じるのかと思い、この子に本気で愛情を向けられず遠慮していたのだと思います。


あの時の子が、またわたしのところに来たということは、その悲しみから抜け出し、また犬との関係を作っていくことをさせてくれるのですよね。

これからは、遠慮せずに、この子と関係を作っていきます」



と仰っていました。



そして、もうひとつ、アニマルコミュニケーションで大切なことを教えてくれました。



・僕の大切なものは、ご飯の入れ物。



飼い主さんにお伝えしたところ、


以前飼っていた子のために買ってあった未使用のフードボウル。

ずっと捨てずに大事に保管していたそうです。

そして、そのフードボウルは、現在その子が愛用しています。

それも、飼い主さんが前世との繋がりを感じていたのかもしれませんね。



セッションの前は、落ち着きがない様子でしたが、終わった後は、飼い主さんの横を堂々と歩き息もピッタリ。

相棒への道へと一歩踏み出した姿を見せてくれました。



アニマルコミュニケーションがお役に立てれば幸いです。



ありがとうございました。





閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示