高齢のわんちゃんがやりたいことをアニマルコミュニケーションで聞いてみた

みなさん、こんばんは。


アニマルコミュニケーター 斎藤 詩乃歩です。


本日

nakkuさんで6頭のアニマルコミュニケーションを行いました。


 






『お出かけはしたいかな?』

という質問に、



・自然の中で、においを嗅いで、風を感じたり、お日様にあたり、全身で自然を感じている感覚。

・お友達犬に会って、挨拶したり、人に声をかけてもらっているイメージ



を伝えてくれた15歳のわんちゃん。





飼い主さんにお伝えしたところ、



『もう身体もあまり動けないからと、おでかけを控えていました。

本人はまだお出かけしたいのですね。

たしかに、今日も連れてきましたが、足取りも軽やかで楽しそうです。

これからは、体調を見ながら連れて行こうと思います。』



とおっしゃっていました。




アニマルコミュニケーションは、闘病中やシニアのペットにもとても有効です。



・今後どのような生活を望む?

・治療についてどう?

・困っている時は、どう接して欲しい?

・お散歩やお出かけは、行きたい?

・今の食事はどう?



などなどを聞くことができます。




アニマルコミュニケーションが、これからも、穏やかな生活を送るためにお役に立てたら幸いです。





ご利用ありがとうございました😊





対面セッションで、撮らせていただきましたお写真を欲しいという方には、LINEにてお送りしております。



ご希望の方は、お友達登録後、セッションを受けられた場所、お名前と種類、写真希望とご連絡くださいね。


ありがとうございました。